スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新じゃがとグリーンピースのミートソースグラタン

meatsource01.jpg

新たまねぎ、新じゃが、そしてグリーンピース。
春のエネルギッシュな食材で、おいしく晩ごはん^^

今回もマ・マーの早ゆでパスタシリーズとおいしいソースのお世話になりました!
ほんっと、忙しくて時間のない時にはありがたいなぁー。

●新じゃがとグリーンピースのミートソースグラタン●
<材料2~3人分>
グリーンピース(鞘から出して)・・・30gくらい
新じゃが(皮をむいて)・・・90gくらい
新たまねぎ(中サイズ)・・・1/2個

マ・マー早ゆでクイック4分・・・1/2袋
マ・マーお肉ごろごろミートソース・・・1袋

溶けるチーズ・・・適量

<作り方>
たまねぎは薄切りに、じゃがいもも縦半分にカットし5mm幅くらいで半月切りに。

鍋にたっぷりの湯を沸かし、早ゆでクイックを時間どおりに4分茹でる。
そのうち残り2分になったらたまねぎ・じゃがいも・グリーンピースを同じ鍋へ。
ついでに同じ鍋にソースの袋も入れてあっためてしまいましょう^^

4分たったらザルにあげ、耐熱皿に移しソースをかけてチーズをのせる。
230℃のオーブンで10分~12分くらい焼く。
チーズが溶けて色づいたらOK!


meatsource.jpg

一人分ずつを器に入れてグリルで焼いちゃってもいいですね。
その場合、焼き色がつけばOKなのでもっと時短でいけますよ。


お帰りの際、一押ししていただけると励みになります^ ^



早いは、おいしい♪春の食材でつくる☆早ゆでパスタレシピ♪
早いは、おいしい♪春の食材でつくる☆早ゆでパスタレシピ♪


**************************************************

ただ今家庭訪問期間の真っ最中!
我が家のGWの恒例行事といえば、大掃除!

まもなくの家庭訪問にむけて家族総出でがんばってます(笑)。
普段からやっとけばいいのにね(^^;

いつもこの機会に部屋の模様替えなんかもするんで、ちょっと楽しみなところもアリかな。
スポンサーサイト

子どもと作る遠足弁当

ensoku02.jpg

本日ムスメは遠足。
目的地が自宅目の前の公園なので、「いつも遊んでる公園だから楽しみ感ビミョー」とボヤいていました(笑)。

さて、そんな今日のお弁当。
ムスメの学校では行事弁当の日というのがあって、こういう遠足の時などには子ども達自身が必ず何かお弁当作りに関わらなければならないという課題があります。
学年によってその内容は違うのですが、3年生になるとまず最低限の課題として「おにぎりを作る」というのがあり、後はできれば何かおかずを作れたら、って感じ。

ムスメも数日前からやる気満々で、がんばって朝5時半に起きる!と毎日毎日唱えていたけどまあ、ムリだろうと思っていたのですが。

がんばって起きました、ムスメ。
どうしても開かない目を顔洗って無理やりシャキーンとさせ、腕まくりして準備万端!

ではチキンカツの衣をつけてもらいますか。
お弁当用カツの衣はいつも、水溶き薄力粉→パン粉の2段階。
パン粉係をお願いしました。
小さい頃からこの作業はよく手伝っているのでなかなかの手際。
ensoku.jpg

では次におにぎり。
キャラ作るって言ってたのに海苔を買い忘れるという痛恨のミス。

というわけで急遽ラブリーハート弁当に方向転換。
ハートのおにぎりにハートの卵焼き、カニカマのハートで飾りつけ。

なんとかかわいくまとまったかな?
本人も満足の様子。
無事遠足弁当完成です!

*************************
今回のメニュー

チキンカツ
にんじんとピーマンの塩炒め
きゅうりと春雨の酢の物
たまねぎ入り卵焼き
ハートおにぎり(カレー味)
塩茹でブロッコリー
プチトマト
*************************

今日は暑くなりそうです。
めいっぱい遊んで楽しんでおいでー!

すみません、本日はレシピなしです。





お帰りの際、一押ししていただけると励みになります^ ^


コロコロおじゃがボール

jagabata-ball.jpg
先週末は2度目のアナ雪観に行ってきました。
1度目は字幕版だったのでムスメが吹き替え版を熱望。
見終わってからも歌いたくて仕方ないようで、歩きながらも口ずさんでいる様子。
結局その後2人でカラオケへ。
存分に堪能してきました・・・と言いたいところだけど、実は今度のGWにはお友達と歌える上映会へ!
それに向けてただ今特訓中なのです(笑)。


さて、そんな思いっきり歌って小腹が空いた~って時にももってこいな一品。
じゃがバターボール。
我が家ではこれ作ると即、完売です。

●コロコロおじゃがボール●
<材料 20個分くらい>
じゃがいも・・・皮をむいて160~180g
牛乳・・・小1
片栗粉・・・小1
マーガリン・・・大1
砂糖・・・小1/2
薄力粉・・・適量

<作り方>
じゃがいもは皮をむいて適当な大きさにカットし、耐熱容器に入れラップをしてレンジ600wで2分~2分半ほど加熱。
熱いうちにつぶす。

じゃがいもがあたたかいうちにマーガリンを加えなじませる。
片栗粉・砂糖・牛乳も加え、よく混ぜる。

適当なサイズにコロコロと丸めて薄力粉をまぶして中温くらいの油で揚げる。
表面が色づいてカリっとなったらOK。


うちでは小さな一口サイズで作ってます。
ポイっと口に放り込めるサイズ。

そのまま食べてもおいしいし、お好みで塩を振るとちょっとしたおつまみにも。
外はカリっと、中はちょっとトロっとした感じでとってもおいしいんです^^



お帰りの際、一押ししていただけるとこれまた励みになります^ ^


豆乳あんぱん

tonyu-anpan01.jpg
昨日はお休みで少し時間がゆっくりあったので、朝からあんこ作り。

たくさんできたので、あんぱん焼くことに。
最近、牛乳でなく豆乳を多用するようになっているので、今回のパン生地も豆乳使ってます。
あんこたっぷりの、薄皮あんぱんみたいな感じです。

⚫︎豆乳あんぱん⚫︎
<材料 ミニあんぱん8個分>
強力粉・・・150g
ドライイースト・・・3g
砂糖・・・20g
バター・・・20g
豆乳・・・100cc
つぶあん・・・250g

<作り方>
バターは室温に戻す。
豆乳を40℃に温める。

温めた豆乳にイーストと砂糖を入れ、ホイッパーでグルグル混ぜる。

強力粉を加え、ゴムベラに持ち替えて混ぜながらまとめる。

まとまったら台に打ち粉をし(分量外)、10分ほど捏ねる。

生地を広げ、バターを乗せたら包み込みながらガシガシ混ぜ込んでいきます。
最初ベッタベタになるけどがんばって!

15分ほど捏ねて生地をチェック。
引っ張ってみて薄い膜ができたらOK。

こんな感じ。

一次発酵。
2倍くらいになったらガス抜きして8分割。
丸めて10分ほどベンチタイム。
この間にあんこを8等分して丸めておく。

生地を広げてあんこを包んで成型。
できたら2次発酵。

1.5倍くらいになっら200℃のオーブンで12〜14分くらい焼く。


使ったバターが有塩なので塩は入れてません。


あんぱん焼いたよ、って友達に伝えたら「もらいに行く!」って取りにきました(笑)。
後で美味しかったよー♪と嬉しいメール。
こういうの励みになりますよね^ ^



お帰りの際、一押ししていただけるとこれまた励みになります^ ^

ささみの大葉チーズフライ弁当

sasami-cheese.jpg
久々のお弁当記事。
ダンナ氏ここのところずーっと仕事が忙しく、お昼ご飯をゆっくり食べるヒマもないとのことで、毎日車の中でパパッと食べられるおにぎりを持参の日々でした。
まだまだ今週いっぱいは忙しいみたいだけど、今日は久しぶりにお弁当持参。
しっかり食べて、午後もがんばって!

今回のメニュー

ささみの大葉チーズフライ
新玉ねぎ入りだし巻き
なすのゴマ炒め
きゅうりと春雨の酢の物
ブロッコリー
お味噌汁(白ねぎ・小松菜)


●ささみの大葉チーズフライ●
<材料1人分>
ささみ・・・2本
とけるチーズ(スライスタイプ)・・・1/2枚
大葉・・・2枚
塩・・・少々
こしょう・・・少々
薄力粉・・・適量
水・・・適量
パン粉・・・適量

<作り方>
ささみは開いて筋をとり、両面に塩・こしょうを軽くふる。

開いたささみにチーズ・大葉をのせてくるっと巻く。
(大葉はたて半分にカットし、上下に組み合わせてまんべんなく乗せるようにする)

ボウルなどに薄力粉を固めに溶き(ドロっとした状態)、巻いたささみに絡ませる。
(これでとじ目をくっつける糊効果が^^)

パン粉をまぶしてギュギュっと握って形を整え(開かないようダメ押し)、油でカラっと揚げる。



お弁当のある日とない日では朝のバタバタ感が当然ながらぜんぜん違いますね。
でも、「よーしできた!もってけー!」的な達成感があって、このバタバタもそれなりに嫌いじゃないんですよね^^



お帰りの際、一押ししていただけると励みになります^ ^


きびなごの磯風味揚げ

kibinago-iso.jpg
大好きなきびなごの天ぷら。
しかしムスメはそんなに積極的に手を出してはくれない・・・・。
ずっとそう思っていたある日、給食をおかわりした話をしだしたムスメ。
何をおかわりしたのか?と尋ねると、

「きびなごを天ぷらにしたやつー」

え?
あんたいつも食べないじゃん!

「だってね、給食のやつはなんか緑色の何かがまわりについてておいしいんだよー」

・・・もしかして衣に青海苔、的な?
じゃ、今度それやってみようか。

で、これです。
給食のやつより断然青海苔率高そうだけど、ムスメはすんごい勢いで平らげていました。
ついでにダンナ氏もこれ好きみたい。
喜んでくれたなら何より。

●きびなごの磯風味揚げ●
<材料3~4人分>
きびなご・・・200gくらい
だし汁・・・110cc
天ぷら粉・・・100g
塩・・・2g
青海苔・・・大1

<作り方>
天ぷら粉・塩・青海苔をボウルに入れ、だし汁で溶く。
少しドロッとしたくらいの固さで溶きます。

きびなごを衣に絡ませ、油で揚げる。


衣に味がついているのでそのままワシワシ食べられます。
丸ごと食べてカルシウムたっぷり♪


お帰りの際、一押ししていただけると励みになります^ ^


新たまねぎとアスパラのチーズたっぷりペンネ

penne.jpg
早ゆでパスタシリーズを使ったレシピその2。
1週間がんばって週末のまったりな中のお昼ご飯に作ったこちら。
マ・マーのカルボナーラソースに溶けるチーズをたーっぷり入れて仕上げてみました。
カルボナーラソースが濃厚でとってもおいしくって、それにとろーりチーズを入れたらなんていうか、こう、シアワセ!!って味に仕上がりました(笑)。

たーっぷりチーズをたーっぷり平らげた後は恒例のボルダリングジムへ。
食べたら動く!

●新たまねぎとアスパラのチーズたっぷりペンネ●

<材料3~4人分>
「マ・マー早ゆで3分ペンネ」・・・1袋
「マ・マーリッチセレクトたっぷりベーコンのカルボナーラ」・・・1袋
新たまねぎ・・・1個
アスパラガス・・・3本(太めのもの使用)
バター・・・10g
溶けるチーズ・・・100g
豆乳・・・60cc

<作り方>
たまねぎは薄切りに、アスパラは食べやすい大きさにカット。

鍋にたっぷりの湯を沸かし、ペンネを3分茹でる。
その間に温めたフライパンにバターを入れ、たまねぎとアスパラを炒める。

炒めたたまねぎとアスパラにカルボナーラソース、豆乳を入れ茹で上がったペンネも加える。

チーズを入れ、好みで軽く塩・こしょうで味を整えたらお皿に盛る。


塩とこしょうは分量外です。
もともとブラックペッパーが入っているので、味を見てお好みで入れたり入れなかったりでいいと思います。

penne-up.jpg
しかし市販のソースって普段あんまり買わないんですけど、こんなにクオリティ高いんですね!
これなら買い置きしておくのもアリかも・・・って思いました。ほんとに。



お帰りの際、一押ししていただけると励みになります^ ^



早いは、おいしい♪春の食材でつくる☆早ゆでパスタレシピ♪
早いは、おいしい♪春の食材でつくる☆早ゆでパスタレシピ♪


そらまめとツナの簡単マカロニサラダ

soramame-makaroni-haya.jpg
いつもお世話になっている、マ・マーの早ゆでパスタシリーズ。
時間に追われながら料理をすることの多い私にとっては「早い」っていうのはほんとありがたい!
普段のおかずサラダはもちろん、お弁当にだって大活躍なんで常にストックされているのです。

そして今回その早ゆでシリーズのレシピモニターに当選しまして。
マカロニはじめ、いろんなシリーズとかソースとかたーくさんいただきました。
ストック分も合わせると・・・おぉ、溢れかえっていますよ(笑)。うれしい(≧▽≦)♪

今回使ったのは、マカロニ。
そらまめをお安く入手したのでたっぷり入れて春らしく仕上げました^^

●そらまめとツナの簡単マカロニサラダ●

<材料3~4人分>
「マ・マー早ゆで3分サラダマカロニ」・・・75g(1/2袋)
そらまめ・・・さやから出して15個くらい
プチトマト・・・5~6個
ツナ缶(油漬けタイプのもの)・・・1缶
塩・・・少々
こしょう・・・少々

(ドレッシング)
ツナ缶の油・・・1缶分
昆布つゆ(めんつゆ)・・・大2
すし酢・・・大1

<作り方>
ツナ缶は油をきって、油はとっておく。
ドレッシングの材料をホイッパーでしっかり混ぜ合わせておく。

鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸いたらマカロニとそらまめを一緒に入れて3分。
(この時そらまめをこし器などに入れておくと後が便利。)

3分たったらマカロニをザルにあげ、流水で軽くもむようにワシワシっと。
これで早く冷ませるのと、この一手間で食感がいい感じに^^

ボウルにマカロニ、ツナ、半分にカットしたプチトマト、皮をむいたそらまめ(半分にパカっと割ります)を入れ、合わせておいたドレッシングと和えて塩・こしょうで味を整えお皿に盛る。


マカロニサラダが大好きな我が家。
みんないっぱい食べたがるので、うちではこの量で3人分(笑)。
ツナ缶の油を使うので、ドレッシングの味が全体となじんでとっても美味です。


お帰りの際、一押ししていただけると励みになります^ ^



早いは、おいしい♪春の食材でつくる☆早ゆでパスタレシピ♪
早いは、おいしい♪春の食材でつくる☆早ゆでパスタレシピ♪

ガルバンゾとあずきのお豆なアイス

beans-ice.jpg


サラダでよく使うガルバンゾ。
お風呂に入っている時にふと、あれ使ってアイス作ってみたらどうだろう?と思いつき、早速実践。
組み合わせは、買い置きしていたゆであずき缶。せっかくだから豆乳と豆腐も使っちゃおう。
で、できたのがこれ。お豆づくしの、マメマメアイス(笑)。

これがなかなかおいしい!
ムスメは一気に食べつくしそうな勢いでスプーン持っておかわり態勢。
簡単だしおいしいし、で我が家の定番おやつの仲間入りかな^^

卵も乳製品も使ってないのでアレっ子さんにも安心なおやつです。

●ガルバンゾとあずきのお豆なアイス●

調理時間 5分(冷凍時間を除く)

<材料 小さめのカップで約6個分>
ガルバンゾ(水煮のもの)・・・100g
ゆであずき・・・190g
絹ごし豆腐・・・1/2丁
豆乳・・・50cc
三温糖・・・大3

<作り方>
・材料をミキサーに入れてガーっと撹拌。
・タッパーなどの容器に入れて冷凍庫で冷やす。
 途中、半分くらい固まってきたあたりでグルグルっとかき回す。
・全体が固まったら完成!


うちにあったゆであずき缶が190gと半端な量だったのでこの分量で記載していますが、きりよく200gとかにしても大丈夫だと思います。
容器は少し大きめのものにして浅く広げる感じにした方が均一に固まりやすいかも。


お帰りの際、一押ししていただけると励みになります^ ^




簡単!ひんやりスイーツの料理レシピ
簡単!ひんやりスイーツの料理レシピ

カリカリにんじんとナッツのサラダ

karicaro.jpg

週末はBBQ三昧で金曜からめいっぱい遊び倒しました。
おかげで仕事という現実がツラく感じる月曜でした(^^;

そして昨日から新学期。
ムスメは新しいクラスの話を楽しそうにずーっと話していました。
1年生からずっと一緒だったりよく知っていたり、っていうクラスメイト達みたいで楽しい3年生が送れそうです。



そんな、尽きない話とともにいただく夕食の真ん中にはこんな一品。
カリカリにんじんとナッツのサラダ。
温玉がポイント。
サラダは毎度必須の我が家ですが、こういう温玉が乗ったようなサラダはムスメも喜んで食べてくれるんです。

●カリカリにんじんとナッツのサラダ●
<材料4人分>
サニーレタス・・・2~3枚
サラダほうれん草・・・1袋
水菜・・・1束
たまねぎ・・・1/2個(今回小さめのを使用)
にんじん・・・適量
くるみ・・・適量
卵・・・1個
上新粉・・・適量

(ドレッシング)
昆布つゆ・・・大3
オリーブオイル(なければサラダ油)・・・大2
すし酢・・・大2

<作り方>
サニーレタスは適当な大きさにちぎって冷水へ。
サラダほうれん草・水菜は3cmくらいにカットし、こちらも冷水へ。
この一手間があった方がパリっとなっておいしいです^^
たまねぎもスライスして、こちらも水にさらしておきます。

くるみはフライパンで軽く炒って砕く。
袋に入れて麺棒などで一日のうっぷんとともに叩きます。
あ、でもあんまり叩きすぎないで(笑)。

にんじんはピーラーで剥き、上新粉をまぶしてカリッと揚げる。

卵は温玉にしておく。(作り方は前日の記事参照で)

皿にサニーレタスをひき、ほうれん草・水菜をふわっと盛る。(真ん中を少しくぼませておく)
たまねぎ、にんじんを配置し、真ん中に温玉。
砕いたくるみをまわりに散らす。

ドレッシングの材料を合わせ、サラダにかけていただく。


サラダは、気に入れば食べるし気に入らなければ食べてくれないムスメ。
今回はモリモリ食べてくれていました。
最初の卵割る儀式はムスメの楽しみ^^

さて、明日から給食開始。
お昼のこと考えるのも今日と・・・あと入学式か。
chibi-lunc.jpg


お帰りの際、一押ししていただけると励みになります^ ^


お世話になっているサイト
mytaste.jp
プロフィール

べびママ

Author:べびママ
小学4年生の娘とちょいデブ脱出を目論むダンナとの3人暮らし。
普段は音楽をやったり、家族でボルダリングに行ったり。
パパさんの仕事環境が変わってランチジャーでのお弁当作りがしばらくお休みで寂しいような。

2013年調理師免許取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
bavcounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。